絶好のロケーションと新たな建設技術が詰まった「ナミテラス芸西」
絶好のロケーションと新たな建設技術が詰まった「ナミテラス芸西」
2023.12.01
ヨットをいかした大人の秘密基地『ナミテラス芸西』⛵🌊

まるで海外の別荘地のようなグランピング施設が2023年11月に完成しました!

※2023年11月28日に放送した内容です。
動画はこちら!
まるで海外の別荘地!
2023年11月に芸西村西部に完成した「ナミテラス芸西」



芸西西ICからすぐのところに完成しました!

中に入ってみるとリビングから水平線を臨める絶好のロケーション❣



ウッドデッキには贅沢なジャグジーも…!



総事業費は2億5千万円、そのうち1億円は芸西村のクラウドファンディング型ふるさと納税が活用されました。

着工から3年あまりをかけ完成した、宿泊棟4棟とサウナ棟を備えたグランピング施設なんです♪

ヨットに泊まる!?宿泊施設の種類もたくさん!
ナミテラス芸西の中心にあるのがこの大きなヨット⛵



実はこのヨット、宿泊もできるんです!!!



中に入っていくと、内装がすごい…!



「ヨットをいかした大人の秘密基地」
フランス船籍だったという、飴色の木材が美しい豪華な内装のヨットをオーナーが購入したことから、このナミテラス芸西の構想がスタートしました。



このヨット棟のほかに2人から4人が泊まれるコンテナハウスが2棟あり、いずれも1棟あたり1泊3万千円から宿泊できます。




そして高台にある離れの宿泊棟は大空間のリビングが特徴的!





デッキにはジャグジーも完備✨4人から6人が宿泊でき、料金は1泊6万円からです。

ナミテラス芸西の目玉!未来を見据えた最新技術
施設の目玉となるのがこちらの建物。



中はなんと!うす暗く、木の香りが漂う円筒型のフィンランド式サウナなんです!!



サウナ棟の外壁には、最新技術の建設用3Dプリンターを使用!



いの町出身の大岡航さんが代表をつとめる東京のベンチャー企業「ポリウス」が、2022年10月、およそ3週間かけて64のコンクリート製のパーツを3Dプリンティングしました。



その後クレーンを使ってパーツを鉄筋に通していき、5日間かけて現場で組み上げ!



高さは3メートル、直径は最大7メートルの円筒状で通常の型枠では難しい曲線的なデザインが特徴。国内で開発した3Dプリンターで作る建物としては全国で2例目、県内では初の試み!



天井部の小さな穴から差し込む自然光と間接照明により、ほんのり浮かび上がる3Dプリンター独特の波のような積層模様が、不思議な空間を演出します。



ちなみに先ほど紹介した高台にある離れの宿泊棟のリビングは、木材の3Dプリンターでパーツを作製し組み上げた大空間が特徴なんです♪

さらに、サウナ棟の上には外気浴スペースもあるんです😊



景色は海と空!最高の整う体験ができます♪



青い海と空をのぞめる絶好のロケーションと、新たな建設技術を使ったユニークな建物が魅力の「ナミテラス芸西」

グランドオープンは2023年12月末から2024年1月初旬を予定しているということです。
関連記事
おすすめ
TOP