【ふるさとまつり】本山町・大豊町の「ふるさとの味」
【ふるさとまつり】本山町・大豊町の「ふるさとの味」
2023.11.14
11月17日(金)から19日(日)の3日間、高知市鏡川河畔・みどりの広場で開催される「ふるさとまつり」✨高知県内27の市町村と団体が参加します。

今回は本山町・大豊町の「ふるさとの味」をご紹介いたします!!



※2023年11月13日放送の内容です
※価格は全て税込みの金額です
動画はこちら!
【本山町】初登場!!土佐あかうしサイコロステーキ
まずは本山町から、ふるさとまつり初登場の味を紹介します✨

今回、ふるさとまつりに初登場するのが「土佐あかうしサイコロステーキ」です♪



本山町にある嶺北麻飯店は、4年ほど前からキッチンカーで中華料理の移動販売をはじめ、今ではさまざまな加工食品にも力を入れています。



そんな嶺北麻飯店がてがける「土佐あかうしのサイコロステーキ」は、地元嶺北産の土佐あかうしを40日間熟成させ、焼き上げて完成💖





ふるさと祭りの会場では税込み1,000円で販売されます。

またその他に、佐あかうしの牛すじ焼き」(700円)も味わえます。



土佐あかうしを贅沢に使い、地元のショウガ、土佐町の唐辛子を入れた「土佐あかうし奇跡のラー油」(940円)は、県産品の食品コンクールで優秀賞に選ばれた食欲をそそる一品です。





ふるさとまつりで「土佐あかうし」の美味しさを改めて感じていただきたいです。
【大豊町】色合いと香りを味わって♪ブルーベリーティー
大豊町からは、「ブルーベリーティー」がふるさとまつりにやってきます!!



大豊町にある「道の駅大杉」。



道の駅大杉を運営する団体が大豊町でブルーベリー農園を展開しており、2010年には耕作放棄地を利用したブルーベリー農園として「ゆとりすとベリー農園」をオープンさせました。



このブルーベリーを使って大豊町を盛り上げようと、高知大学地域協働学部の学生たちと地元企業、大豊町が協議を重ね商品開発に取り組んできました。



その中で生まれたのが、今回ふるさとまつりで販売する「ブルーベリーティー」です!!!

ブルーベリーパウダーの色と香りを引き立たせるため、焦げ付かないよう低温で乾燥させ、甘みはきび砂糖を使用するなど何度も試行錯誤し、納得の味に仕上げたそうです。



当日大豊町は、ブルーベリーのワインやアイスジビエソーセージなども販売します。



地域を盛り上げる学びの中から誕生した「ブルーベリーティー」、その色合いと香りを会場で味わってみてください♪
イベント公式HPはこちら
関連記事
おすすめ
TOP